育児しながら自分の人生も模索

小学生と幼稚園生を育てる私が休校に思うこと

 
この記事を書いている人 - WRITER -

ここ最近

本当に心が暗くなるばかりですね

昔、「病原菌が世界を滅ぼす」

みたいな映画を見たことがありますが

全然リアルじゃなかったです

でも、こうなってみると病原菌が世界を滅ぼすことも

ありえない話じゃないんだと思いますね。

今回は致死率は低いけれど

もし高確率で死ぬ新しい病気があれば

あっという間に世界中に広がることがわかりました

2月27日の夕方6時半になって

安倍総理大臣が

「3月から春休みまで全国一斉休校を要請」

これについては色々思うこともありますが

まずはとても衝撃を受けました。

木曜日の夕方6時半と言えば

それぞれ仕事が終わっているような時間です

幼稚園の先生も学校の先生も帰宅している人もいるでしょう。

その時間に「明日の金曜日で最後です」

という要請をすることが

いかに混乱を招くことを想像してないとしか思えません

確かに

感染拡大を防ぐことはとても大事で

優先順位で言えば

間違いなく1番です

遅くなればなるほど感染が増える

状況であったのは間違いないので

私は休校自体は支持しますよ

ただ、やはり準備期間が必要でした

例えばあと平日3日与えてくれれば

全然違いました

給食の食材の手配は止められるし

先生も長い春休みに向けて準備が出来るし

仕事の折り合いだってつける時間があるし

子ども達にクラスのお別れをする時間もあります

子ども達は学期末のお楽しみ会やお別れ会を

とても楽しみにしていました

総理大臣の最初の要請は

「3月から春休みまで」

と言うことで

次の日の昼過ぎには

「各自治体の判断に任せる」

となりました(怒)💢

それなら最初にそう言えよ!?

と怒りが込み上げました

私の住んでいる地域では

総理が一斉休校を要請した夜には

「総理大臣の要請通り休校」

と発表されました

次に疑問なのは

なぜ「春休みまで」なのか!?

春休見になるタイミングはそれぞれ地域によって

違いますよね。

平均的に

3月24日頃に終業式のところが多いので

3週間以上の休校になります

一般的に感染で隔離される人達も

2週間なのに

なぜ小学生は3週間も休校しないといけないのか

せめて総理が

「3月から2週間の休校」と要請してくれてたら

子ども達も希望が持てるし

先生も急ピッチで用意しなくても

最後の1週間でお別れもできるし

通知表だって用意できるはず

卒業式だって卒園式だって

一斉休校が開けた最後の1週間に予定することも

出来たはずなんです

もちろん

感染が広がってしまったら

休校が3週間になるのは仕方ないとは思うけれど

それでも希望があるのとないのとでは

全然違うんです

働くママ、働いてないママによって

この休校に対する反応は

様々です

働いているママはとにかく

自分のこと、子どものこと、感染の恐怖

でいっぱいいっぱいです

私は仕事がやっと始まったところでしたが

元々派遣の保育士みたいな仕事なので

キャンセルすることが可能でした

(仕事が入るのが直前なので予定ゼロでした)

なので、

仕事のことを考えなくて良い分

少し落ち着いて考えられたように思います

特にウチには

卒園生、卒業生もいないし

転校転勤もないので

休校でとても困るということはありません

でも

卒園生、卒業生にお別れの時間を与えてあげて欲しかった

というのが私が1番思ったことです

それ以外に思うこともありますよ

  • 子どもが1ヶ月家にいる(恐怖)
  • 三食作る(恐怖)
  • 基本的に自宅軟禁(運動不足、ストレス)
  • 家庭学習(ケンカの連続)
  • 幼稚園の開園状況
  • 1ヶ月経った時どうなってるんだろ
  • 先生とのお別れ
  • 仕事に行けない(イコール収入がない)
  • 感染したらどうなる

思うことはたくさんあるけれど

どれも大したことじゃないんです

国難ともいえるこの状況で

「前代未聞」でも「仕方ない」

と思います

もっと早く渡航禁止になっていればと

思わないことはないけれど

それでもきっとゼロにはならなかった

だから休校は仕方ないけれど

でも、子どもの感染が少なく、

さらに重症化しない状況での

卒業式中止は切ないです

子ども達の生活にちゃんと【。】

が付けられることが

今の私の1番気になるニュースで

そうなることを心から望んでいます

今回の件で

安倍総理には辞めてほしいと初めて強く思いました

信頼出来ない

配慮ができない

想像ができない

すぐに「賃金保障」とかお金配ればいいと思ってる

この人がトップなら変わらない

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 私の人生は私のもの , 2020 All Rights Reserved.