育児しながら自分の人生も模索

長女は私を苦しめるためにいるんじゃないかと思う

 
この記事を書いている人 - WRITER -

今日は育児に対する愚痴、娘との喧嘩の話なので見て楽しいものじゃないです

育児に悩んでいる方に読んでもらえればうれしいです

*********************************

辛辣な題名ですけど

娘が小学生になってから

題名のように

娘は私を苦しめるために存在するんだ

と思うことが一年に10回以上ありました

宿題を取り組まなかったり、隣で教えても反発的な態度をとったり

簡単な問題をいくら教えても分かろうとしない時

↑分かるように考えない 理解しようとしない

チャレンジタッチをやっていたので

それを毎日やるように言っていても一向にやらない

出したものは出しっぱなし

宿題持って帰るの忘れる

連絡帳に書いてある道具を持って行かない

とにかく毎日小言を言っていました

小言を言いたくて言っているママは一人もいません!

言わないで私がやったほうが速いこともあります

実際、いうのが大変だから 私がやってしまうことも多いです

約束の帰宅時間を過ぎて帰ってくるとか は別に対して怒らないけど

勉強や宿題の取り組みについてがいつもネックでした

学年が進んで小学三年生、四年生ともなれば

自分のことは自分で出来るようになってきたので

そう思う事も減ってきましたが やはりイライラすることもあって

今回は

スイミングスクールの話ですが

娘は年長の時から約5年間スイミングスクールに通っています

で、今はまだ平泳ぎの試験に合格していないところです

前にもスイミングのことは書きましたが

本当に進みが遅く

先生の話も指導もきけていませんでした

これは学校の授業参観を見ていても一緒で

先生の話が聞けないんです

筆箱の中を見始めたり(気になるような文房具は持たせないようにしている)

関係ないページの教科書を開いたり。。。

先生が話している時間は自由時間とでも思っているかのような

人の話が聞けない娘

で、スイミングはもう5年も行っているし、選手にしたいわけでもないし

家計も圧迫しているし(月に約8000円)

次のテストで辞めようと話しています

娘は辞めたくないのでずいぶん意見が割れましたが

やめる やめない は1年以上前から話し合っていることだし

平泳ぎはすでに4か月やっていて 試験に二度落ちています

次が三回目。 半年かかっています(16000円かけて平泳ぎ。。。)

結局、今回は私の強行突破な部分もあって

スイミングは次回のテストで受かってもうからなくてもやめよう

となったわけです

それで、改めて娘と一緒に平泳ぎの動画を見たり

スクールから配られている泳ぎ方や合格基準が書かれている紙を見ながら

練習していました

なのに、イマイチやる気のない娘

でも「プールに行って練習したい」とは言います

土日祝ワンオペの私は四歳児を連れていくしかないので

プールに行ったら四歳児を見るしかありません

だから、今日 プールに行って 練習するためには

スクールの資料をしっかり見て 覚えなさいと 話しました

泳ぎ方が①~④まであります

でも、一時間たっても覚えられないのです

50字くらいしかないのに

そこで

私「文だけ見て覚えられないなら 体を動かしながら覚えればいいじゃん?」

と言います

でも、娘は絶対にそれをしないのです

なぜなんでしょうか?

だから、私は「じゃあ、音読10回して」と言います

そしたら、小さい声で音読するんですけど

ひらがなを飛ばすんです

意識して飛ばすわけじゃなくて、読んでいないんです

文字を。

これは、学校の音読でも宿題の問題文でもそうです

「を」「が」「や」などの大切な文字を飛ばします

適当にやっているんです

私はこれを許せないです

スイミングを辞めようと言ったら

辞めたくない という割には全く向上心がない

周りのアドバイスを素直に受け入れることをしない

真面目に取り組まない

やりたくないことには 向き合わない

出来ることをやらない

正直、こういう人間嫌いです

私にもダメなところはあります

お家を片付けようと思ってもなかなかできない

やらなきゃいけないことがあるのに 後回しにしている

私も完璧な人間ではないけれど

人の好き嫌いはあります

私が娘と向き合いたくない!

世の中には母親が子供を殺すニュースもやっています

前にも書いたと思いますが

娘は私を苦しめるために生まれてきたんだ

と思うと そういう気持ちも分からなくないんです

前にアメブロで

「長女が嫌い」って同じような内容をマイルドに書いたことがありましたが

その時は

「娘さんが可哀そう」とかコメント来たりして

そういう人って

「自分は小学生の姉妹を育てていますが、子どもは自分の持ち物じゃないんですよ」

とか正論言ってくるんですよね

嫌いになりたくて嫌いになってるんじゃなくて

ここまでも色々と葛藤して、悩んで、今この場所にいるんです

1年後には違うところにいるかもしれないし

もっと深刻になっているかもしれないし

他のことで悩んでいるかもしれません

でも、今の自分はこの場所で悩んでいます

幸せな子育てをしている人はどうぞそのまま子育てを楽しんでください

世の中にはこういう母親もいるんだなと思ってもらえればいいです

虐待のニュースがあって、

新しく制定する虐待防止法では

叩いたら一発アウトとかなんとか。

いっそ、誰かが引き離してくれればいいとさえ思うけど

そんなことしてたら、行政もキャパを超えるし

子どもを叱れない大人ばかりになって

そんな幼少期を過ごした子どもがそのうち

非行に走っても 不登校になっても

なにもできないんじゃないかと思います

褒める育児、叱らない、怒られない育児

そんな育児できないし、したくない

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. asumi1227 より:

    初めまして、新しい記事から面白そうなのを何記事か読ませて頂いて、この記事に当たりました。
    私も長女とよくぶつかります。
    チャレンジタッチもしてます。
    同じ、同じ!と色々共感しました。

    私は、しんどくなって学校を通じて発達障害の専門機関に相談したりしました。
    長女は、発達障害では、ありませんでしたが、コミュニケーションに難があることが分かりました。
    人それぞれ向き不向きありますし、一対一の話し合いがうまくいかなかったら第三者に相談するのも良いんでは?と思いました。

    私は、下の子供たちともよく揉めるので私にも難点があるのかもですが。

    私自身も長女で母親ともめたのですが、
    結局同じように長女に接してしまったりで葛藤が多いです。
    育児は、難しいですね。

    • mai より:

      コメントありがとうございます
      本当に育児は難しいです。。。
      私も娘が小二の頃に、スクールカウンセラーに相談したことがありました。
      発達障害を疑っていましたが、年齢相当ではないにしろ娘なりに成長しているのが
      分かったので、客観的に娘を見ることにしました
      でも、いつも娘との関係は頭を悩ませるところではあるので
      専門機関に相談したりして、うまいこと気持ちに折り合いを付けて行きたいと思います
      アドバイスありがとうございます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 私の人生は私のもの , 2019 All Rights Reserved.