育児しながら自分の人生も模索

プランナーが勧める 結婚記念日の決め方

2019/08/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -

私事ですが 今日は結婚記念日です(^_-)-☆

結婚式が2007年8月8日だったので

12年経ちました♬

12年、離婚の危機もありました

本気で離婚しようと思ったのが1回

それ以外に「この人と一生一生いるなら離婚したほうがいいかも」

と思いました

でも、12年間 結婚を続けてこれましたs

やっぱり子どもがいると簡単に離婚もできないです

もし離婚したら、働きながら幼い子供二人を育てることになるから

想像するだけで余裕がなくなるのが目に見えていたので(笑)

もし子どもがいなければ 新しい人生を選択していたと思います

8月8日は

パパの日でもあって、ははの日でもあって

覚えやすいので この日に結婚しました

勤めていた結婚式場で結婚式をしたので

平日に結婚式をしました

結婚式場スタッフは

お客様の結婚式のない日にやることが多いです

今年の結婚式は主人が仕事休みとったので

夏休み中の家族とお出かけしました(#^^#)

ウエディングプランナーやっている時に

よくお客様から

「結婚記念日って結婚式の日ですか?入籍した日ですか?」と

聞かれました

どちらを選択しても間違いではないようですが

結婚式の日は曜日や日柄で決まってしまうことが多いので

入籍を本当に思い入れのある日にすることも多く

入籍日を結婚記念日としてお祝いする人が多いように思います

私がウエディングプランナー時代から言っていたのは

「これから毎年お祝いしていく記念日とするなら

日付の変わらない祝日をおススメします」

なぜなら、一般的な仕事なら土日祝日がお休みです

土日はその年によって変わります

祝日もハッピーマンデー制度が始まってからは結構変わります

なので

元日、建国記念日、昭和の日、憲法記念日、みどりの日

文化の日、勤労感謝の日

などの固定の祝日が家族で過ごせるので良いと思います(^^♪

(天皇誕生日などは今後どうなるか不明です)

※今後祝日が変わる可能性もありますので、よく確認の上お決めください。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 私の人生は私のもの , 2019 All Rights Reserved.